2011.02.15

ひそかに…

ご無沙汰しておりました。

2010年6月29日を最後に全く更新していなかったのは・・・ ひそかに引っ越ししていたんです

引っ越し先は → http://luz001.blog119.fc2.com/

では、FC2でお待ちしています

| | コメント (0)

2010.06.29

Chance Eau Tendre

新宿へ行く用事があって、ついでに、このところ足が遠のいていた伊勢丹新宿店に寄ってみました。

お察しの通り、フレグランスコーナーをチェックしたかったのですが、そのフレグランスコーナーは店員さんで占拠されており、近寄れませんでした。。。
仕方が無いので、先に2Fのビューティーアポセカリーをぐるっと回ってみようと上りエスカレーターに乗りつつ、いったいフレグランスコーナーには何人くらいの店員さんが立っているのか、振り返ってざっと数えてみるとその数約20名程度。
一体何だったんでしょう。。。ただ単にタイミングが悪かっただけ??? せっかく行ったのに。。。。

Chance_eau_tendre 伊勢丹新宿店ではなく、別のお店(空いてる!)で、シャネルの新作「Chance Eau Tendre」のムエットを配っていたので、頂きました。 
少し香りが飛んでいたので、改めてひと噴きしてもらうと、洋ナシのようなフルーツの香りが・・・。 店員さんのよると、「マルメロ(Quince)」の香りだそうです。
しばらくするとGucciのEnvyにも似たジャスミンとヒヤシンスのアコードがフレッシュに香ってきます。 
結構好きかも♪ 3つの「Chance」の中では、これが一番好きです。

そして、驚いたのが、そのロングラスティングなところ。 
ウッディムスキーな香りがずーっと残っていて、リビングにムエットを置いておいたら、翌日も翌々日も、帰宅すると玄関を開けるなり「Chance Eau Tendre」の残り香のお出迎えです。
すごすぎます! 香りのdescriptionは、

【TOP】Quince, Grapefruit
【MIDDLE】Jasmine Absolute, Iris Absolu, Hyacinth
【BASE】White Musk, Cedar Wood, Ambry Note

プロダクトページはこちら

| | コメント (0)

2010.06.21

アンバーグリス

Gardenia くちなし(Gardenia)のフルーティーで甘い香りがどこからともなく漂ってくると、なんか得した気分になります。

が、今日はくちなしの香りの話ではなく、アンバーグリスの話。

昨日の朝日新聞の記事より。
2010年7月10日より国立科学博物館(東京・上野公園)で「大哺乳類展 海のなかまたち」というのが開催され、その会場には天然のアンバーの香りを体験できるコーナーが設けられるのだそうです。

なぜ「哺乳類展」で「アンバー」なのか。

フレグランスによく使用される香り「アンバー(Amber)」。 和名では「竜涎香(りゅうぜんこう)」。
これって、もとはマッコウクジラ(哺乳類)の腸内にできた病的結石なんです。 その結石が体外に排出され、海上を漂流しているものや海岸に打ち上げられたものを採取し、香料として使用していたのです。 結石ですから、あちこちにプカプカと浮かんでいたり、海岸に行けばしょっちゅう砂浜に打ち上げられているという代物では当然なく、入手方法が「偶然発見する」以外になかったために稀少な香料となったわけですが、現在あらゆるフレグランスにアンバーノートとして使用されているものは合成調合香料です。 また、「アンバー」と言った場合、一般的には天然のアンバーの香りとは違った、甘く濃厚でバルサミックな香りを示すことが多くなっています。

「大哺乳類展」で体験できるアンバーの香りは、質の良い本物であることが科学分析した結果判明しているものだそうですので、貴重なその香りを是非体験しなくては…!!!

| | コメント (0)

2010.06.17

香害?

今日は暑いですね!

汗が気になるこの季節、こんな記事をみつけたのでご紹介。

40代男のニオイの悩みQ&A
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/beauty/4955/1.html

そこで、今日はこれまでに遭遇した「香害」(?)を思い出してみました。

学生時代 その1。 「Giorgio/Giorgio Bevery Hills」を愛用している女の子がいました。「Giorgio」はチュベローズやガーデニアの効いた、かなり濃厚な香り。 当然学校にも香りをつけてくるのだけど、ある日あるコワイ先生の授業のときにに限って教室に香りが充満してしまって…。 先生は一旦教室に入ったものの、教壇の辺りで踵を返し、全く授業しないで帰ってしまいました…。

学生時代 その2。 中年の男の先生で、フレグランスを愛用している方がいらっしゃいました。その方が乗った後のエレベーターには強烈な残り香が。。。
当時フレグランスに全く詳しくなかったので、今となっては一体何の香りを愛用していたのか気になるところであります。

最近の話。 ある日出掛けようと自宅玄関を出ると、男性モノのフレグランスの香りがしました。 それは、あたかもついさっきまで誰かがそこに立っていた残り香のような香りでした。 マダムはマンションの4Fに住んでいるのですが、「えっ?!不審者?」と不安がよぎってイヤーな気分に。。。 また別の日。洗濯物を干そうとベランダに出ると、やはり前と同じ男性ものフレグランスの残り香のような香りがします。 「まさか! 今度はベランダに侵入された?!」不安は募ります。 そんなことが何度も続いて、結論として、真下の階のお部屋から漏れてくる香りなのではないかと推測しています。 それにしても、一体どんだけ香り付けたヒトが住んでいるのかしら…(ルームスプレーか?)

| | コメント (0)

2010.06.07

見た目も大事

昨日の朝日新聞の本の紹介欄に、めずらしく香水関連の本が出ていました。

「フォトグラフィー 香水の歴史」(原書房)
 ロジャ・ダブ (著), 新間美也 (監修), 芳村むつみ (翻訳)

香水は、香りだけで成り立っているのではなく、ボトルや香りを付ける人も重要な要素。
そうでした。 いつもつい香りばかりに目が(鼻が?)いってしまいますが、香水は「香り(中身)」だけでは成立しないんです!

近年、香水は「高級品」から「コモディティ」へと変わり、ボトルも芸術的だったり手作りの温かみがあったりするものよりも、大量生産されるシンプルな物が主流になってきています。 かつては「バカラ」や「ラリック」といった高級で芸術的なボトルに入っていた香水ですが、そのような香水は今やほとんど見受けられません。 

そんな中で今回は、1990年以降に発売されたフレグランスの中から、ボトルが印象的だったものをピックアップしてみます。

◆Angel by Thierry Mugler(1992)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Thierry-Mugler/Angel

香りといい、星を模ったボトルといい、素晴らしいの一言。

◆Oh Lala by Azzaro(1993)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Azzaro/Oh-Lala

シャンデリアの様なデザインが素敵ですが、繊細な部分がプラスチック製だったのが惜しかった。。。

◆Jean-Paul Gaultier by Gaultier(1993)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Gaultier/Jean-Paul-Gaultier

元祖ジャンポールゴルティエ。
いまや数え切れないほどのバリエーションが出ていますが、最初は驚かされました。外パッケージは缶だし!

◆Head over Heels by Revlon(1994)
http://www.fragrantica.com/perfume/Revlon/Head-Over-Heels-4715.html

その名の通りの斬新なデザイン。現代アートって感じですね。

◆Fragile by Gaultier
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Gaultier/Fragile

ファンタジー!!!

◆L'Eau du Temps by Nina Ricci(2007)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Nina-Ricci/L-Eau-du-Temps

ハト健在です! ステキです。。。

◆Daisy by Marc Jacobs(2007)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Marc-Jacobs/Daisy

デイジーのお花が二つくっついている様は、レールデユタンの2羽のハトを彷彿とさせます。。。

◆Feerie by Van Cleef & Arpels(2008)
http://www.osmoz.com/fragrances/Jewelry-Brands/Van-Cleef-Arpels/Feerie

ジュエリーメーカーならではの、繊細なデザインにうっとり。

◆ORIENS by Van Cleef & Arpels(2010)
http://www.osmoz.com/fragrances/Jewelry-Brands/Van-Cleef-Arpels/ORIENS

お金持ちのおばさまがはめているような、大きな宝石の指輪を思い起こさせます。
80年代テイストの感がありますが、シンプルな物が多い中、妙に新鮮味があります。。

| | コメント (0)

«本日の1品