« 香水文化 | トップページ | MAN by Calvin Klein »

2007.10.18

本日の3品

鼻を鍛えるために出来るだけいろいろな香りをみるようにしているマダム。 今日はこの3品を嗅いでみました。
■Wish Pink Diamon / Chopard ■Very Irresistible / Givenchy ■With Love / Hilary Duff

Wish Pink Diamon / Chopard
ボトルや色合いから、いまどきのFruityな香りを想像していたのだけど、意外と「rosy」。もちろんFruityな要素はあり香調を分類するならFloral Fruityになるのでしょうが、あくまでもローズメインな印象でした。 で、Chopardの公式ページをチェックすると「a modern rose captured in a sparkling diamond」となっておりdescriptionは
【Fruity Top】: Neroli, Tangerine, Pear
【Floral Heart】: Apricot, Rose, Osmanthus
【Sensual Base】: Musk, Patchouli, Sandalwood
ということで、マダムの鼻は正常に稼動していたようです。

Very Irresistible / Givenchy
見た目から想像したのはOrientalな香り。 実際は、AmarigeのようなTuberoseな香りにJasminとかMagnoliaで瑞々しい透明感を加えているように感じられました。 さてGivenchyの公式ページをチェック。 「エレガントで天真爛漫なバラの香りとハッピーな表情をもつ芳香のスターアニスが出会って生まれた世界初のフローラル・アロマティックの香り」だそうで、descriptionはTop/Middle/Baseと区別されることなく、
【ローズセントフォリア】:バラの花の収穫時のフレッシュな香り
【ローズピオニィ】:グリーンのような酸味のある輝きのある香り
【ローズパッション】:取る小原のエッセンス、酔わせるような香り
【ローズファンタジア】:生き生きとしたカラフルな香り
【ローズエモーション】:官能的なエッセンス
となっており、「ローズづくし」なのでした。 アニスの香りもローズの香りもキャッチしなかったマダムの鼻、大丈夫か?!?!

With Love / Hilary Duff
Hilary Duffさんって日本でも有名なのでしょうか。 外タレに疎いマダムは知りませんでした。 まずはどんな人か調べちゃいました。 1987年生まれで20歳になったばかり。 歌手であり女優でありファッションなどのプロデュースも手がけているんですね!
さて、香りの印象は…ミントの入ったヌガー。 簡単に言うとキャラメルみたいな感じ。 アメリカ人の好みそうな「Gourmand系Oriental Amberyの香り」でした。 
【Top】: Mangosteen, Sparkling champagne, Exotic spices
【Middle】: Mangosteen flower, Cocobolo wood
【Base】: Amber, Milk, Musk
トップの「Exotic spices」をMintyに、BaseのAmber、Milkをキャラメルに感じたようです。

最後に、今日この3品を選んだのは、Chopardから新しいフレグランス「Happy Spirit」が出る(日本ではいつ発売されるか知りませんが)ということで、過去のChopardの香りをみてみようと思ったのと、他の2品はたまたまPink Diamonの近くにおいてあったから。 「Happy Spirit」はピンクのハート型のボトルが可愛らしい、Floral Fruityの香りだそうですよ。

|

« 香水文化 | トップページ | MAN by Calvin Klein »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香水文化 | トップページ | MAN by Calvin Klein »