« Coach | トップページ | ベリブ(Velib) »

2007.10.09

Chloe

前回のブログで「Chloe」にはほんの少し触れましたが、日本では「Chloe」といえばあのデッカイ南京錠のついたバッグ「パディントン」なのではないでしょうか? アレはどうして一時あんなに流行ったのでしょうか。 お洋服は、やさしいラインが”オトナの可愛らしさ”でコレクションが発表されるたびに素敵だと思いますが。

その「Chloe」から来春(2008.02)新しいフレグランスが発売される予定だそうで。 その発売記念パーティーが去る10月6日、Coty の主催でパリの Hotel de la Monnaie にてプレスも含めて総勢800名で盛大に行われたようです。 
「Chloe」からは過去に「Chloe(1975)」、「Chloe Narcisse(1992)」、「Chloe Innocense(1996)」、「Chloe Collection 2005(2005)」が発売されており、3年ぶりの新作となります。
「Chloe Collection」は香りをみたことがないので何とも言えませんが、その他の3作品は残念ながらマダム好みの香りではありませんでした。 「Chloe」は Tuberose、Ylang Ylang の効いた White Floral の王道、「Chloe Narcisse」は Gardenia, Violet, Orangeblossom のこれまた濃厚な香り、「Chloe Innocense」はライトな香りだけど「これでなくちゃ!」という感じでもなく。。。 ちなみに、一番最初に発売された「Chloe」は、その後の出現した Giorgio/Giorgio Beverly Hills(1981) や Amarige/Givenchy(1991) の香りに影響を与えたと考えられる、香りの歴史の中では重要な香りです。

新作の香りは、Fresh Floralで、Peony, Lychee, Freesia, Rose, Magnolia, Muguet, Amber, Cedar などで構成されており、クリエーション(調香師)は Robertet の Michel Almairac と Amandine Marieだそうです。 日本で発売されるのかどうか知りませんが、今をときめくスターパフューマーの作品となるとどんな香りか是非ためしてみたいものです。

|

« Coach | トップページ | ベリブ(Velib) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Chloe:

« Coach | トップページ | ベリブ(Velib) »