« 一生嗅がなくていい香り | トップページ | Angel »

2007.11.29

『H』!

今日まで気づきませんでした! Hermesの「Terre d’Hermes」のボトルデザインの奥深さを…!!! 何気ない感じでシンプルだけどエレガントなボトルだなぁとは思っておりましたが、ボトルの底にヒミツがあったとは。 ボトルの底は平面ではなく、オレンジ色で「H」の文字を模っていたのですね。 さすがHermes、ニクい。やられたぁ~って感じです。 

ボトルだけでなく改めて香りをみてみました。 Top は Bergamot や Grapefruit などビターな柑橘の香りに、さらに男性的な Smoky で少し Leather を思わせるような雰囲気もあります。 次第に Laurel Leaf や Coriander、Basil のようなアロマティックな要素が感じられ、 底の方の Woody note は cedar かしら。。。 クラシカルな”The Men's Fragrance”のようでありながらどこか新しさも感じる、洗練された香りです。 
実際のdescriptionは

【Top】Grapefruit, Orange, Flint
【Middle】Pepper, Pink Pepper, Geranium leaves, Patchouli
【Base】Cedar, Vetiver, Benzoin

なるほど、Smoky で Leathery な感じって、Base の Vetiver からきていたのかもしれません。 新しさがあるのは Pink Pepper のなせる業でしょうか。 ムエットからだと感じられなかった Benzoin は、肌につけると甘~くお砂糖のように香り、逆にVetiverはそんなに感じられません。(つけるヒトによって個人差があるのでしょうが)

好みの香りですが、Men'sだからってDarlingちゃんにつけて欲しいというよりは、むしろマダム自身がつけたい香りです。

|

« 一生嗅がなくていい香り | トップページ | Angel »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一生嗅がなくていい香り | トップページ | Angel »