« RALPHかも! | トップページ | ホルムアルデヒド »

2008.02.14

PAUL SMITH ROSE

昨年(2007年)8月に発売となった「PAUL SMITH ROSE」が日本でももうすぐ(2/20(水))発売になります。

ポールの60歳の誕生日のプレゼントに、奥様ポーリンが3年の月日をかけて「Paul Smith」という名のバラをつくったのだそうです。 その花は濃いピンク色でオールドローズの形なので、一般的にお花屋さんで見かけるバラの形とは違って、バラというよりは牡丹に近い感じ。 フレグランスもさることながら実際のそのバラの香りも嗅いで見たいものです。 (2006年のチェルシーフラワーショーに出品されたそうです)

その、奥様ポーリンの愛情溢れるバラにインスパイアされてできた「PAUL SMITH ROSE」。
Descriptionは

【Top】: Paul Smith Rose, Green Tea
【Middle】: Turkish Rose, Magnolia
【Base】: Cedarwood, Musk

Topの「Paul Smith Rose」は、ヘッドスペース法で分析して再現された香りのようです。 ヘッドスペース法とは、空中に揮散している香りを捕集・濃縮し、ガスクロマトグラフィーで香りの成分を分析する手法のことです。

日本人の好きな花ランキングでは、必ずといっていいほど3本の指に入るバラ。 どんなバラの香りなのか楽しみですね。

|

« RALPHかも! | トップページ | ホルムアルデヒド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RALPHかも! | トップページ | ホルムアルデヒド »