« RUMEUR 2 Rose | トップページ | ヒヤシンス »

2008.03.27

サクラサク

このところ更新が滞っております。 全国20名(?)のマダムるずファンの皆様ごめんなさい。 待望(?)のLUZ発オリジナルフレグンランスの発売を控え、バタバタとしております。 乞うご期待です!!!

季節の移り変わりをつぶさに感じることを日頃から心がけておりながら、気がつけば桜は満開。 蕾が膨らみ始めるところから「いつ咲くか・・・」と観察する余裕を、今年は失っておりました。 

ところで、一般的に桜の香りって明確に誰もがイメージできているものなのでしょうか?? 桜とは全然関係ありませんが、今日たまたまランチのときに「柿のにおい」の話になって、柿って確かに(もちろん)香りはあるけど、口にせずに香りだけ嗅いだときに「柿」と誰もが明確に判別できるものなのだろうか・・・?と。

桜(ソメイヨシノ)は、あの満開の木の下で注意深く香りを嗅ぐと、ほのかな、本当にほのかな「Coumarin」の香りがします。 「Coumarin」は単品のケミカルで、簡単に表現するなら「桜餅」の香りです。 桜餅の香りを、もっとほのかに上品に香らせた感じがまさに「桜」の香りで、それは「Coumarin」を100倍とかそれ以上か、かなり薄く希釈した香りだと思うのです。 十数年前に香りの仕事につくまで、真剣に桜の香りなど嗅いだことのなかったマダム。 自然に香ってくる桜の香りが、まさに単品ケミカルである「Coumarin」の香りであったことに、正直驚いたのでした。 「Natural」と「Chemical」もしくは「Synthetic」なものの間には埋められない溝があることも事実ですが、そうでないこともあるのかもと感じた瞬間でした。

|

« RUMEUR 2 Rose | トップページ | ヒヤシンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RUMEUR 2 Rose | トップページ | ヒヤシンス »