« ヴィックスヴェポラッブ | トップページ | 沈丁花 »

2008.03.06

名物タクシー

世の中にはいろんな名物タクシーがあるようですが、出会うことはめったにないのではないでしょうか。 でも、初めて出会っちゃったんです。 どういう名物タクシーかというと、音楽にこだわりをもったタクシー。 乗車すると、インドっぽい、アジアン雑貨のお店やカレー屋さんでかかっているようなミュージックが大音量でかかっている。 行き先を大声で説明するマダム。 話すときだけ少しボリュームを下げてくれるのだけど、「・・・。」と思っていると、車内にこの運転手さん&タクシーについて書かれた新聞記事を発見。 インド音楽ではなくアメリカの古き良きミュージックをお客さんに楽しんでいただく、というのがこのタクシーの「名物」のようでした。 車内の香りは、古き良きアメリカの香りでもインドの香りでもなく、昭和の、JRがまだ「国電」と呼ばれていた時代の、山手線・新橋あたりに通勤する古き良き(?)サラリーマンの香りというイメージでした。

古き良きメンズフレグランスって何でしょうねぇ?! メンズでなくユニですが、やはり「4711」でしょうか。 もしくは「Old Spice」あたりでしょうか。 「Old Spice」のサイトが意外に面白かったのでURL書いときます。 http://www.oldspice.com

|

« ヴィックスヴェポラッブ | トップページ | 沈丁花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴィックスヴェポラッブ | トップページ | 沈丁花 »