« キンチョーの夏 | トップページ | パチパチパチ!!! »

2008.08.26

レモングラス

このところ急に肌寒いですね。 涼しいのはいいけれど太陽が恋しい今日この頃です。

さてこの週末、マダムは佐渡に行っておりました。 毎年8月の後半の金・土・日の3日間「Earth Celebration」というイベントが開催されているのです。 この「Earth Celebration」、実は日本で一番古く歴史のある野外フェスティバルで、今年で21回目を迎えました。 今年のパンフレットをパラパラと見ていたら、EC総合プロデューサー菅野敦司さんのメッセージの中に、とても印象深いものがありました。 『"EARTH"という文字の中には、“ART”(アート)という文字が隠されていて、両側にある“E=Environment”(環境)と“H=Humans”(人間)という文字を結んでいる』という一節です。 すごい!感動…です。

「Earth Celebration」のメインイベントは、毎夜城山公園で行われる「城山コンサート」。 木崎神社から始まる長くて急な坂道を昇っていくと、広~い野原があります。 その野原で行われるコンサートですので、レジャーシートが必須アイテムとなります。 昼間なら芝生の上にそのまま寝転んでも気持ちよいのですが、夜ですので…。 それと、もう1つの必須アイテムが「虫除け」。 油断しているのすぐヤラれてしまうので、まずは城山公園に登る前に虫除け対策を施しておくのがベストです。 そういうわけで、コンサート会場内でもあちらこちらで虫除けスプレーなどが使用されております。 開演前、隣に陣取っているロシア人の4人家族の女の子が、しきりに「レモングラスくさい!」と連発しながら芝生をむしってニオイを嗅いでいました。 芝生がレモングラスなのではなく、虫除けのニオイがレモングラスの香りなんですよね。 
「Earth Celebration」に参加する方は「天然」や「ECO」等に対する意識の高い方が多いように思われるので、たぶん市販の虫除けスプレーではなくレモングラスの精油でお手製の虫除けを作って使っていた方がたくさんいたのかもしれません。

レモングラスの精油は、アロマテラピーの世界では虫除けや消毒作用があるといわれているようです。 
香料として考えたとき、香りの成分のメインは「Citral(シトラール)」で、調合香料に使われる単品ケミカル「Citral」はレモングラスから抽出されています。 とかく世の中では「ケミカル=悪」と考えられがちですが、その由来を知るとあながち「悪」とも決め付けられないような気がしているのはマダムだけでしょうか。

|

« キンチョーの夏 | トップページ | パチパチパチ!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キンチョーの夏 | トップページ | パチパチパチ!!! »