« 銀杏 | トップページ | スパイスとモミの木 »

2008.11.25

パッションフルーツ

「パッションフルーツ」は、いわずと知れたとても香りの良い南国のフルーツですが、恥ずかしながら一度も食したことのなかったマダム。 この週末に、頂き物で初めてその香りと味を体感いたしました。 頂いてから熟して食べごろになるまでの数日間、いい香りを漂わせていたパッションフルーツ。 そのあまりの香りの良さに、娘(4歳)はいつ食べられるかと心待ちにしていましたが、期待を裏切ることなく彼女も大満足でした。 そして、今更ながら「Speciality Baseのパッションフルーツの香りってとっても良くできているんだなぁ」というのがマダムの感想。 「Speciality Base」とは、香料会社が独自に開発する調合香料で、フルーツや花をはじめとして様々な香りを再現したもの。ベースとしてもアクセントとしても幅広く使用されます。

パッションフルーツの香りは、女性用フレグランスでもよく使われる香りです。 最近のパッションフルーツがアクセントとなっているメジャーなフレグランスといえば、なんといっても2006年発売のFerragamoの「Incanto Charms」。 他にもKylie Minogueの「Darling」、Jennifer Lopezの「Glow after Dark」、Paris Hiltonの「Heiress」などが挙げられますが、あら、いずれも2006年発売のセレブ香水ばかりでした! ということは、2006年はパッションフルーツがトレンドの年だったのかもしれません。 一番新しいところでは、つい先日発売となった(日本未発売)Christian Lacroixの「C'est La Fete Patchouli」のdescriptionにもパッションフルーツが登場していますが、こちらの香調はOriental Woodyで、なおかつ商品名に「Patchouli」と謳っていますので、Kylie Minogueの「Darling」よりもさらに個性的な香りなのではないかと想像しています。
Basenotes(
http://www.basenotes.net)のdescriptionをとると

【Top】Passion Fruit, Pear, Apricot, Blackcurrant
【Middle】Rose, Orchid, Jasmine, Vanilla
【Base】Musk, Sandalwood

余談ですが、今は絶版となった1990年発売の「C'est La Vie」のボトルは心臓を模ったものだと聞いたことがありますが、昨年発売の「C'est La Fete」、今年発売の「C'est La Fete Patchouli」と同じデザインが採用されていて、なんか懐かしい気分になっております。 これからも心臓の形の「C'est La シリーズ」は続くのかしら…

|

« 銀杏 | トップページ | スパイスとモミの木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀杏 | トップページ | スパイスとモミの木 »