« 夏の香り | トップページ | 祝!2周年 »

2009.07.28

アメのにおい

このところ雨ばかりで、せっかく「夏!」なのに残念な感じです。

先日、TVで子供向けの自然観察番組を見ていたら、「アメンボ」の観察をしていました。 そういえば、昔は水たまりにアメンボが沢山いて、つかまえようとして一度もつかまえられなかったなぁ…などと思いだしていると、先生が易々と素手でアメンボを持っているではありませんか! そして唐突に子供たちにこう質問したのです。 「アメンボってどうしてアメンボって名前なのでしょうか?」 おぉ、いきなりそうくるとは…。 そんなこと考えたこともありませんでした。 ま、アメンボの「アメ」は当然「雨」でしょ?! とか思っていると、やおら子供たちの鼻に素手で掴んだアメンボを近づけて、ニオイを嗅がせる先生。
 
先生:「どんなニオイがする?」 
子供A:「なんかいいにおい☆」 
子供B:「スッとするにおいがする!」
子供C:「ミントみたい!」
先生:「飴みたいなにおいがするでしょう? 飴のようなにおいがして、カラダが棒のようだから、昔の人は ”アメンボ”って名付けたんだよ!」 

何ということでしょう!!! 「飴」+「棒」=「アメンボ」
全く思いもよらない答えでした。
子供のころ、あんなにアメンボをつかまえようとじーっと側にいたのに、飴のようなにおいがするなんて気付かなかったし知りませんでした。 やはり、素手でつかまえて鼻先にもっていってニオイを嗅ぐことができたヒトだけの特権なのでしょう。 それにしても、あんなすばしっこいモノ、どうやって素手で捕まえるのだろう。。。肝心なところを見逃したマダムでした。 

|

« 夏の香り | トップページ | 祝!2周年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の香り | トップページ | 祝!2周年 »