« 一生嗅がなくていいかも | トップページ | ソファーにて »

2009.11.09

炭の香り

ご無沙汰しております。 もう11月。 年賀状が売られているのを見たりすると、「今年もあと少しだなぁ…」なんて感じます。

秋晴れの週末、かねてから気になっていた和室の障子の張り替えを決行しました。 どうせ張り替えてもまた娘が破ってしまうだろうし…と放置していたのですが、TVの子供番組で小学校高学年くらいの女の子二人が、古民家の障子の張り替えを昔ながらの方法でやっているのに興味をしめした5歳の娘が、「私もやるぅぅ!」。

ということで、障子の張り替えに親子で初チャレンジです。 まずはホームセンターへ。 障子紙と、刷毛と、ノリは必ず買わないといけないと思っていたのだけど、障子紙売り場に行ってみてびっくり!!! イマドキは、のりも刷毛もいらないんですね。 なんとアイロンで簡単に貼れる!という障子紙があるじゃぁないですか。すごいです。 そういうわけで、多少コツは必要だったものの、難なく張り替え終了。 こんなことなら、もっと早くやっとけばよかった。。。

ところで、ホームセンターに行くと、ワクワクしてつい要らないものまで買ってしまうマダム。 今回も、いろいろと買ってしまったのですが、普段なら絶対に買わない「芳香剤」も買ってしまいました。 芳香剤・ルームフレグランスの類を家で使ったことって一度もないんです。 したがって、芳香剤売り場に立ち寄ることもないんですけど。 

そんなマダムに手を伸ばさせた商品とは、小林製薬のトイレ用芳香剤「トイレの消臭元 炭の香り」。 イマドキのトイレの消臭元は、香りのバリエーションも豊富で、その数12種類。 その中でも「炭の香り」ってインパクトが大きく、思わずカゴに入れてしまいました! 

「心がなごむ炭の香り」と書いてありますが、家で早速封を開けてみると、香調はフローラルウッディで、サンダル(白檀)のウッディー感とフローラル感のバランスが絶妙。 衝動買いしたわりに「当たり!」。 家族にも好評でした。

|

« 一生嗅がなくていいかも | トップページ | ソファーにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一生嗅がなくていいかも | トップページ | ソファーにて »