« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.25

ミモザの季節

朝。 駅まで行く道の途中、近所のミモザの木が黄色い花をたわわにつけているのを見つけました。 昨年のブログにも登場した木です。 

Photo_4 夕方、娘を迎えに幼稚園に行くと、玄関にミモザが飾ってありました。 ミモザの季節なんですね! 

Noblesse_2_6 Noblesse_1_4

海外メディア(Noblesse 2010年1月号)にも取り上げられた、LUZの「Crop(クロップ)」オードトワレ。


Crop3_5 全12種の中で、3月の香りは「ミモザ」。
「友情」の花言葉を持つミモザは、別れや旅立ち迎える人々の友情を温かく見守ってくれているのでしょうか。 新しい世界へ飛び込んでいくあなたの背中をそっと押してくれるような、優しくフレッシュな香りです。 新宿マルイアネックスにて好評発売中。 香りが気になる方、ぜひお店のほうでチェックしてみて下さい。 HPで香りのサンプルもお配りしてます。

今日は、画像満載にしてみました(笑)

| | コメント (0)

2010.02.16

ローズ!

朝、はなまるマーケットを見ていたら、いつもはどうでもいいと思っている(失礼!)「生コマーシャル」に惹きつけられました。 

歯磨き粉の新製品「プラチアス creamy up ペースト」という商品の宣伝だったのですが、

「見た目年齢を高める「蓄積くすみ」まで除去する、歯の「ビューティエイジングケア」のためのハミガキ」

というマーケティングクレームにもググッときましたが、さらに、香りが「ミント」と「ローズ」の2種類であることにびっくり。 

ローズの香りの歯磨き!!! しかも、大手メーカーのライオンさんが「ローズ」の香りをバリエーションに選んだことに、衝撃を受けたのでした。 

調べてみると、「ローズ」の歯磨き粉やマウスウォッシュなどは、以前から存在していたようですが、大手メーカーがバリエーションに加えるほど、日本人が「ローズ」を口に入れることに、抵抗がなくなっているってことなんでしょうね。。。
それと、歯磨きではありませんが、2008年発売の香りを訴求した洗濯用洗剤「香り続くトップ」に「カモミールの香り」を採用して大成功したライオンさんだからこそ、思い切ったことができたのでしょうか。

思えば、2006年にカネボウフーズ(現:クラシエ)より発売された、「オトコ香る」という薔薇の香り成分を配合したガムの大ヒットもありますし、食べるフレグランスと銘打った「ふわりんか」のガム・ソフトキャンディ、ローズサプリメント、ローズのハーブコーディアル(ハーブ飲料)、ローズジャムなど、口に入れる「ローズ」は巷にあふれているのでした。

これだけ、ローズを口に入れることが普及しているにもかかわらず、未だに抵抗があるマダム。 でも、今使ってる歯磨き粉がなくなったら、「プラチアス」のローズに変えてみようかしら。。。 

商品のサイトはこちら

| | コメント (0)

2010.02.09

本日は2品

久しぶりに、「本日の○品」シリーズです。

いつもはファインフレグランスですが、今日は天然香料を嗅いでみました。 
「オレンジスウィート」2種の嗅ぎ比べです。

「ふつうに栽培されたオレンジ」のオレンジスウィートオイル

嗅ぎなれた、安心するオレンジの香りです。 
オレンジの香りをかぐと、なぜだかいつもオレンジ味の「飴」が頭の中にポワンと浮かびます。 それは、いつも決まって直径2センチくらい、厚さ5ミリくらいの丸いオレンジ色の飴です。 どうでもいい話ですが…

「バイオダイナミック農法で栽培されたオレンジ」のオレンジスウィートオイル

まず、「バイオダイナミック農法」のお話から。 Wikipediaを見ればくわしく書いてありますが、シュタイナーの思想に基づく有機農法のひとつで、占いとかちょっとスピリチュアルなアヤしい(?!)考え方も採り入れられた興味深い栽培方法のようです。 「バイオダイナミック農法」ってオーガニックに詳しい方々には当然の知識なのかしら。 マダムは、今日調べて初めて詳しく知りました。 子育てという切り口で、シュタイナー思想はなんとなく知ってましたが、農法まであったとは!!!

で、肝心の香りですが、オレンジの果実を搾ったときに果皮の穴からオレンジオイルがプツプツと溢れ出る映像が思い起こされるような、Zestyで、ピール感溢れる、キレのあるオレンジの香りでした。 天体のパワー採り入れるとこういう香りになるのかしら。。。


普通の有機栽培のオレンジオイルの香りも一緒に嗅ぎ比べて、いつもどおり「本日の3品」にすればよかった、と後悔するマダムでした。

| | コメント (0)

2010.02.01

ニオイの日

今日、2月1日は「ニオイの日」だそうで。 「に(2)お(0)い(1)」の語呂合せで、P&G「ファブリーズ暮らし快適委員会」が2000(平成12)年に制定したんだそうです。 

ファブリーズも、気がつくと発売からもう10年以上もたっているんですね。 

初めて日本のマーケットに登場したのが、たしか1998年ころだったかと思います。 最初は、カーテンや布のソファなどの消臭を訴求したスプレータイプのみだったのが、いまとなっては香りの種類が増えただけでなく、除菌やハウスダスト対策を謳ったもの、クルマ用、ペット用、置き型、トイレ用など、様々な種類が登場しています。 それだけ「ファブリーズ」は、日本に定着したってことなのでしょうね。 

ファブリーズ発売から今日までの詳細はウィキペディアをどうぞ。

製品のページもおもしろいです。

「ニオイの日」をきっかけに、我が家もファブリーズを使ってみようかしら。。。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »