« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.27

incanto

Incanto_bloom_1_2  先月発売となった、フェラガモのインカントシリーズ6作目は「incanto bloom」。過去5作については以前のブログで触れました。
今回も香りは「the "incanto"」ですが、これまでよりも若干フローラル感が増したというか、ティーっぽさが前面に押し出されている印象です。 そして、大きく変わったのがキャップ。これまでと違って、フェラガモの象徴ともいえる「ヴァラ」のおリボンを模ったキャップです。 こうなってみると、incantoシリーズ以外のフェラガモのフレグランスも含め、今まで「ヴァラ」を模ったものがなかったことの方が不思議な気がしてきます。

Incanto_bloom_2 蓋をあけると、箱の中にもタンポポの綿毛が飛んでいて、かわいいですね☆


香りのdescriptionは

【TOP】グレープフルーツフラワー、フリージア
【MIDDLE】ティーローズ、チャンパカフラワー
【BASE】ムスク、カシミアウッド

「チャンパカフラワー」とは、マグノリア科の植物で、和名は「金香木(キンコウボク)」。 香りは、ジャスミンのようでいてクリーミー、少しスパイシーでエキゾチックな香り。 (言葉で表現してもわかりにくいですね。。。)

ELLE on line に、香りを創作したパフューマー「Sophie LABBÉ」のインタビューが出てます。

プロダクトサイトは、こちら

| | コメント (0)

2010.04.22

FIFI賞2010

今年も、FIFI賞が気になる時期になりました。 プレステージ部門(Women’s Luxe . Fragrances sold in Specialty and/or Department Stores over 250 doors)で最終選考に残った10品を以下に。。。

■bebe Eau De Parfum / Inter Parfums USA
■Crescent Row Collection: laugh with me Lee Lee/something about Sofia/my place or yours Gina / Benefit Cosmetics
■Cristalle Eau Verte / Chanel
■Flora by Gucci / P&G Prestige Products, Inc.
■Leslie Blodgett Perfume Diaries, Bare Skin / Sephora
■Lola Marc Jacobs / Coty Prestige
■Queen by Queen Latifah / Parlux Fragrances, Inc.
■Versace Versense / Euroitaly, Inc.
■Very Hollywood Michael Kors Eau de Parfum / The Estee Lauder Companies Inc.
■YSL Parisienne / YSL Beaute

恥ずかしながら、知らないものが半分もあります… 
で、調べました。

bebe Eau De Parfum

  「bebe」というアメリカのカジュアルファッションブランドが、ジャンポールゴルチェの「Le Male」をはじめとした一流ブランドのフレグランスを生み出してきた「Francis Kurkdjian(フランシス・クルクジャン)」氏とのコラボレーションで創作したフレグランスで、香調はオリエンタル。

 [TOP] mango, sweet pea, leafy tuberose
 [MIDDLE] black jasmine, night blooming rose
 [BASE] sandalwood, musk and cedar

 (引用: http://www.nstperfume.com/2009/08/09/bebe-eau-de-parfum-new-fragrance/

ボトルとチャームがとっても愛らしいですね☆

Crescent Row Collection

 サンフランシスコ発のコスメブランド「Benefit」のフレグランスコレクション。「laugh with me Lee Lee」はウッディーフローラル、「something about Sofia」はオリエンタルフローラル、「my place or yours Gina」はウッディオリエンタルというラインナップ。

カクテルのシェーカーのような形のボトルとポップなデザインがオシャレです。

Leslie Blodgett Perfume Diaries

 セフォラのフレグランス。 香りは「Bare Skin」と「Santa Barbara」の2種類があるうち、「Bare Skin」がノミネートされたようです。 香りは、オリエンタル。 ディスクリプションが面白い!!

[TOP] No clock in sight and no reason to wake up (Black Pepper, Freesia, Anise).
[MIDDLE] Hot, hot hopping to the towel on sand (Iris, Vanilla Orchid, Plumeria, Patchouli).
[BASE]  Finally, time to mingle, baring amber shoulders still warm from the day (Sandalwood, Labdanum, Musk).

◆Queen by Queen Latifah

 「Queen Latifah」さんは、日本でも有名なのかしら… ここ何年も映画も見ていませんし、海外ドラマも全く見ない、HMVやTower Recordなどにも全く足を踏み入れない生活を送っているためか、全く知りませんでした。 香りは、ウッディグルマンオリエンタルで、Mandarin, Jasmine, Cognac, Moroccan coriander などの香りが特徴となっているようです。 デコラティブなボトルがゴージャス。

(引用: http://www.nstperfume.com/2009/08/25/queen-by-queen-latifah-perfume-review/

Very Hollywood

アメリカのカジュアルブランド「Michael Kors(マイケル コース)」のフレグランス。 香調は、フローラルスウィート(フロリエンタル)になるでしょうか。

[TOP]  Bergamot, Mandarin
[MIDDLE]  Gardenia, Other Flowers
[BASE]  Vetiver

日本でも、今年の2月から「マイケル コース ベリーハリウッド コレクション」としてメイクのラインが限定発売されているようですが、残念ながらその中にフレグランスは無いようです。



ノミネートされた10点をみると、ボトルはスクエア、香りはオリエンタルまたは
ウッディというのが、今のUSマーケットのトレンドなのかもしれません。

最後に、日本には「日本フレグランス協会」というのがあって、今年から10月1日を香水の日と定めたそうです。加えて、アメリカのFIFI賞のように、日本にも「フレグランス大賞」というのを導入する予定のようです。 楽しみですね☆

| | コメント (0)

2010.04.05

トレンド

WWD BEAUTY BIZ の最新号によると、2009年のアメリカのプレステージマーケットにおける売上トップ5フレグランスは

1. Coco Madmoiselle / Chanel
2.  Aqua di Gio / Armani
3.  Beautiful / Estee Lauder
4.  Lignt Blue / D&G
5.  No. 5 / Chanel

ということでした。

3位に「Beautiful」が入っているところがスゴイ!
アメリカ人は、やっぱり「Beautiful」が好きなんですね。

ふと、過去のランキングはどうだったかしら…と思って手元にある資料を探してみたところ、1995年のものがありました。

1.  cK One / Calvin Klein
2.  Beautiful / Estee Lauder
3.  Sunflowers / Elizabeth Arden
4.  No. 5 / Chanel
5.  White Linen / Estee Lauder

でした。

「Beautiful」は1985年発売ですので、発売から10年たっても2位ということは、この時点ですでに人気は不動のものとなっていたのですね。 
「cK One」は、1994年発売で当時爆発的に売れたものなので1位は当然ですが、「cK One」発売以前は、「Beautiful」が1位だったりしたのかしら…? 

ちょっとおもしろいと思ったのが、「cK One」と同じ1994年発売の「Aqua di Gio」は、1995年のランキングには入っていなかったけど2009年のランキングでは2位に入っているところ。 これも、1995年の時点では人気が反映されていなかっただけで翌年あたりにはランキングに入っていたのか、それともジワジワと人気が出て2位にまで登りつめたのか、興味があるところです。(ちなみに、1995年の時点ではトップ20にも入っていませんでした)
日本での「Aqua di Gio」は、並行輸入が解禁になって以来、安定した人気のある香りかと思います。

最後に、1995年当時、ここ日本での売上トップ5は

1.  Vivace / Shiseido
2.  No. 19 / Chanel
3.  L'air du Temps / Nina Ricci
4.  Ptisenbon / Givenchy
5.  No. 5 / Chanel

時代を感じさせるランキングです。 ビバーチェとプチサンボンは置いといて、フレグランスは、オジさんが銀座のママとかにプレゼントするものだったんだなぁ、と思わせるようなラインナップでした。

@cosme(アットコスメ)の、今日の時点での最新口コミランキング

1.  Chloe Eau de Parfum / Chloe
2.  Incanto Charm / Ferragamo
3.  Eclat d'Arpege / Lanvin
4.  Chloe Eau de Parfum Intense / Chloe
5.  Rose Eau de Toilette / L'Occitane

でしたが、売上ランキングにおいても、「Chloe」がきっと1位に間違いないでしょう。
2位・3位もここ数年安定した人気のある香りなので、売上も連動しているかと思われます。
気がつけば日本も、売り上げランキングに日本人の香りの好みが反映される時代になっていたようです。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »