« 本日の1品 | トップページ | 香害? »

2010.06.07

見た目も大事

昨日の朝日新聞の本の紹介欄に、めずらしく香水関連の本が出ていました。

「フォトグラフィー 香水の歴史」(原書房)
 ロジャ・ダブ (著), 新間美也 (監修), 芳村むつみ (翻訳)

香水は、香りだけで成り立っているのではなく、ボトルや香りを付ける人も重要な要素。
そうでした。 いつもつい香りばかりに目が(鼻が?)いってしまいますが、香水は「香り(中身)」だけでは成立しないんです!

近年、香水は「高級品」から「コモディティ」へと変わり、ボトルも芸術的だったり手作りの温かみがあったりするものよりも、大量生産されるシンプルな物が主流になってきています。 かつては「バカラ」や「ラリック」といった高級で芸術的なボトルに入っていた香水ですが、そのような香水は今やほとんど見受けられません。 

そんな中で今回は、1990年以降に発売されたフレグランスの中から、ボトルが印象的だったものをピックアップしてみます。

◆Angel by Thierry Mugler(1992)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Thierry-Mugler/Angel

香りといい、星を模ったボトルといい、素晴らしいの一言。

◆Oh Lala by Azzaro(1993)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Azzaro/Oh-Lala

シャンデリアの様なデザインが素敵ですが、繊細な部分がプラスチック製だったのが惜しかった。。。

◆Jean-Paul Gaultier by Gaultier(1993)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Gaultier/Jean-Paul-Gaultier

元祖ジャンポールゴルティエ。
いまや数え切れないほどのバリエーションが出ていますが、最初は驚かされました。外パッケージは缶だし!

◆Head over Heels by Revlon(1994)
http://www.fragrantica.com/perfume/Revlon/Head-Over-Heels-4715.html

その名の通りの斬新なデザイン。現代アートって感じですね。

◆Fragile by Gaultier
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Gaultier/Fragile

ファンタジー!!!

◆L'Eau du Temps by Nina Ricci(2007)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Nina-Ricci/L-Eau-du-Temps

ハト健在です! ステキです。。。

◆Daisy by Marc Jacobs(2007)
http://www.osmoz.com/fragrances/Haute-Couture-Brands/Marc-Jacobs/Daisy

デイジーのお花が二つくっついている様は、レールデユタンの2羽のハトを彷彿とさせます。。。

◆Feerie by Van Cleef & Arpels(2008)
http://www.osmoz.com/fragrances/Jewelry-Brands/Van-Cleef-Arpels/Feerie

ジュエリーメーカーならではの、繊細なデザインにうっとり。

◆ORIENS by Van Cleef & Arpels(2010)
http://www.osmoz.com/fragrances/Jewelry-Brands/Van-Cleef-Arpels/ORIENS

お金持ちのおばさまがはめているような、大きな宝石の指輪を思い起こさせます。
80年代テイストの感がありますが、シンプルな物が多い中、妙に新鮮味があります。。

|

« 本日の1品 | トップページ | 香害? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の1品 | トップページ | 香害? »